2015年03月11日

下町ロケット

9冊目「下町ロケット」

池井戸 潤 著
小学館文庫



あらすじ

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。

第145回直木賞受賞作。

同じカテゴリー()の記事画像
吉田拓郎
オッデセー
山が私を呼んでいる
株価暴落
旅のラゴス
万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ
同じカテゴリー()の記事
 吉田拓郎 (2016-02-24 13:16)
 オッデセー (2016-02-06 07:00)
 山が私を呼んでいる (2016-01-28 09:14)
 株価暴落 (2015-05-07 16:31)
 旅のラゴス (2015-05-04 16:20)
 万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ (2015-03-02 18:35)

Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 13:19│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。