2016年02月24日

吉田拓郎

いつも見ていた広島

高校時代に出会ってから、ず~~~~~と好きで、いまだに聞いている「吉田拓郎」。
先日の日曜日、本屋で偶然見つけて、迷わず手にしていた。

やっぱり吉田拓郎は、いいね~~~!



<あらすじ>
1960年代後半、大学に進学した「吉田拓郎」は仲間とともにバンド活動に打ち込んでいた。
しかし「ヒロシマ」という土地には、まだまだ戦争の香りが色濃く残っており、
数少ない理解者の協力でライブを開くのが精一杯だった。
仲間と共に上京するが、彼らの音楽はなかなか理解されることはなかった。
拓郎は仲間たちと離れてさまざまな音楽を模索、何度目かのコンテストでやっと注目され、
「よしだたくろう」の名が「和製ボブ・ディラン」としてマスコミに取り上げられる。
希代のスーパースターを生んだ土地と時代に繰り広げられる青春群像。  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 13:16Comments(0)

2016年02月06日

オッデセー

火星の人












<あらすじ>
火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を消した。ところが―。奇跡的にマークは生きていた!?不毛の惑星に一人残された彼は限られた食料・物資、自らの技術・知識を駆使して生き延びていく。

映画「オデッセイ」原作。   


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 07:00Comments(0)

2016年01月28日

山が私を呼んでいる

作者=浅葉 なつ。



<あらすじ>
草原でくつろぐ羊や馬。暖炉にロッキングチェア。そんな場所を夢見ていた女子大生あきらのバイト先は、想定外のオンボロ山小屋だった! つかみどころのないセクハラ主人をはじめ、口の悪い先輩、マニュアルが手放せない同僚、そしてなぜか正体不明の山伏まで居座っていて大混乱お風呂は週一!? キジ打ちって何!? 理想の女性になるために来たはずのあきらが巻き込まれていく、標高2000メートルのアルバイト!    


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 09:14Comments(0)

2015年05月07日

株価暴落

11冊目
池井戸潤「株価暴落」





これは銀行の威信を賭けた闘いだ!

巨大スーパーを襲った連続爆破事件。

緊急追加支援要請を巡って白水銀行審査部の板東は企画部の二戸と対立する。傑作金融ミステリ。  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 16:31Comments(0)

2015年05月04日

旅のラゴス

10冊目。筒井康隆「旅のラゴス」





北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か? 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。




常允から送信  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 16:20Comments(0)

2015年03月11日

下町ロケット

9冊目「下町ロケット」

池井戸 潤 著
小学館文庫



あらすじ

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。

第145回直木賞受賞作。  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 13:19Comments(0)

2015年03月02日

万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ

8冊目万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ
松岡圭祐 著
角川文庫



あらすじ

お盆休みにパリ旅行を計画した凛田莉子を波照間島の両親が突然訪ねて来た。

天然キャラで劣等生だった教え子を心配した高校時代の恩師と共に旅行する羽目に!

パリに着いた莉子に不可解な出来事が待っていた。

パリを駆け。
真相を追う。
  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 18:35Comments(0)

2015年03月02日

万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ

7冊目万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ
松岡圭祐 著
角川文庫



あらすじ

希少な映画グッズのコレクターの家が火事になり、プレミア品の数々が灰になった。

翌朝、やはりレア物のパンフレットやポスターを扱う店が不審火で全焼。

連続放火魔の犯行か?狙いは何なのか?


  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 18:27Comments(0)

2015年02月25日

世界最強の商人

6冊目オグ・マンディーノ著
角川文庫

「世界最強の商人」


  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 18:15Comments(0)

2015年02月23日

万能鑑定士Qの事件簿」Ⅲ

5冊目「万能鑑定士Qの事件簿」Ⅲ
松岡圭祐著
角川文庫




あらすじ

書き下ろしの「Qシリーズ」第3弾

人気ファッションショップで、ある日突然、売り上げが落ちてしまう。

いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で満点を取る。

この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは?

その人物が前代未聞の詐欺を繰り返しいた。

凛田莉子は鑑定眼と機知の限りを尽くして挑む!

  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 19:10Comments(0)

2015年02月23日

逆風の街

4冊目「逆風の街」
今野 敏 著
徳間書店


あらすじ

神奈川県警みなとみらい署。

暴力犯係係長の諸橋は「ハマの用心棒」と呼ばれ、

暴力団には脅威の存在だ。

地元の組織に潜入捜査中の警官が殺された。

警察に対する挑戦か?

ラテン系の陽気な相棒・城島をはじめ、

諸橋班が港ヨコハマを駆け抜ける!

待ち時間がたっぷりあるのに、本を忘れて近くのコンビニで買った一冊!
  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 19:00Comments(0)

2015年02月08日

可也山

山の会のメンバー8人で糸島富士こと可也山&かき小屋へ。

今回は山よりも、牡蠣小屋がメインです。(^^♪









常允から送信  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 15:00Comments(0)

2015年02月03日

万能鑑定士Q事件簿Ⅱ

3冊目万能鑑定士Q事件簿Ⅱ
松岡圭祐著
角川文庫



三冊目だけど?

一か月で三冊じゃあ、年間36さつだ。

ちょっとペースを上げんといかんな~~~!

あらすじ

「精巧な偽札に翻弄され、ハイパーインフレに陥った日本!

凜田莉子は、郷里の沖縄に戻り、わずかな手がかりを元にたった独りで犯人を追う。

莉子は、パーフェクトな偽札の謎を暴き、未曽有の危機から国家を救うことができるのか!

                                                          」

  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 20:43Comments(0)

2015年01月28日

 万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ

やっと2冊目 万能鑑定士Qの事件簿 Ⅰ

松岡圭祐著
角川文庫




映画化されたのでどんなんかな~~~と思って、読み始めたけど

後で気付いたけど、数十冊のシリーズ化されてました。(@_@;)

とりあえず、事件簿シリーズだけでも読んでみますか。

凛田莉子にはまりました。



  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 11:16Comments(0)

2015年01月20日

影法師

今年の目標の一つが、50冊読み切る!

影法師

百田尚樹著
講談社文庫



感想

「永遠0」時代劇版?

なんか、共通点が

あるような?  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 13:54Comments(0)

2014年08月16日

疾風のロンド

坊がつるで、読み終えた。
一冊。




拡散すれば人々を大量死に陥れる威力をもつ生物兵器K-55が盗まれた!

引き換えに3億円を要求する犯人からの手がかりは、スキー場らしき場所で撮られたテディベアの写真のみ。

しかも犯人との交渉が突如不可能に!

圧倒的なスピード感で二転三転する事件のゆくえ






常允から送信
  


Posted by 井尻米穀店スタッフのブログ at 12:38Comments(0)